負け組にならないために、使えるものはコネでも使え!

不景気になると将来の夢は公務員。

子供が将来就きたい職業に、スポーツ選手や科学者、保育士をあげるのは昔から変わっていません。しかし、景気が悪くなると、公務員になりたいという子供でてきます。社会の役に立つ公務員は、誇るべき職業であります。あくまで社会の役に立つ公務員であって、公務員全てが社会の役に立っていないのが現状、反対に社会のお荷物になっている者もいます。公務員にはコネ採用があると、昔から言われていますが、実際にコネ採用ではと疑われる者は多く、それらの多くで共通しているのは無能であるということです。

私立の先生は反公務員?

コネ採用でも、能力があり社会の役に立つのであれば問題ありません。社会には公務員に対して反感を抱いている者が、昔から一定層います。例えば、学校には私立と公立があり、よほどの進学校やお嬢様が通う裕福な学校でなければ、教員免許をもった学生は安定した公立の学校へ就きたいと考えます。しかし、教員試験に合格できないものは、私立の学校へ就きます。公立学校では先生は公務員ですが、私立学校では公務員になれなかった者が先生をしているので、公務員に対して反感を抱いていた教育を行っている学校も少なくありません。

公務員になるためには、公務員の先生から学ぶこと。

公務員に対して反感を抱いた教育を行うと、生徒は自然に反公務員となり、公務員への道を閉ざしてしまいます。そのため、公務員になるには、公立の学校へ行くことが健全と言えます。先生になるには教育実習を受ける必要があり、多くは母校で受けます。先生も人の子、生意気だった生徒を面倒みようとは思いません。教員採用試験では必ず面接があり、この面談がコネ採用を生じる原因になります。例え筆記試験の成績が良くても、面接という曖昧な基準で落とされる余地があり、このことが反公務員を生む根源になっています。公務員になるには、学生の頃から社会の模範になり、近隣からの評判を良くしておくことも重要です。

安定した生活のために公務員を目指す方もいるでしょう。公務員の講座で勉強しておけば、より効率良く合格することができてお勧めです。