自己破産で弁護士費用が払えないときはどうすればいい?

まずは法テラスに相談をしてみよう

自己破産は、裁判所に申請をしなければならないことなので、個人ではなかなかできません。弁護士を雇うのが普通です。ただ、自己破産をするような人は、弁護士費用が払えないのも当然の話です。それほどお金に余裕があれば返済に回すはずだからです。ですが日本には、法テラスという頼れる公的機関が存在しています。ここには、自己破産に強い弁護士が多数在籍しているので、まずはこういった場所でどうにかならないか相談をしてみるといいでしょう。

お金がない場合は立て替えてもらえる

法テラスでは、民事法律扶助制度というものの利用を勧められるはずです。これは、お金がなくて自己破産ができないと意味がないので、そういった人たちのために一時的に弁護士費用を立て替えておく制度のことです。これを利用すれば、現時点でお金がなくても、弁護士を雇って自己破産の手続きに入れます。将来的にお金ができたときに返済をすればいいので安心です。しかも法テラスなら利用料金そのものが最低レベルなので助かります。

自己破産ができないケースもある点には注意しよう

ただ、人によっては自己破産が認められないケースもある点には注意をしておきましょう。ギャンブルでお金を浪費してしまったという場合には、自己破産をすることが認められません。これは完全に自己責任になるので、法律上の保護は受けることができないわけです。こうした理由のことを欠格事由と呼んでいます。自分が欠格事由に該当しないかどうかは、事前にしっかりチェックしておくべきでしょう。弁護士に相談をすれば、だいたい欠格事由に当たるかどうか判断はしてもらえます。

自己破産をすると今後ローンなどが組めなくなる恐れがあります。でも精神的苦痛を無くして人生をやり直すものでもあります。