ゲームを作りたい!でもどうやって作るの?

基礎から学べる!ゲームの作り方を学ぼう

ゲームを作りたいと考えていても、折角のアイディアを形にできないのは勿体無いですよね。そこでゲームの専門学校があります。開発をするにあたって必要な知識からどうやってプログラミングをしていくかなどを実践的に学ぶことが出来ます。また、チームでの共同作業で一つのゲームを作成するといった現場で行われているやり方を学べるのも、独学では出来ない経験です。ただ、どんなに技術があってもアイディアがなければゲームは作れませんので想像力も大切です。

ゲームを開発したい!でも、どの学校に入ろう?

ゲーム専門の学校といえばピンからキリまでレベルも様々です。専門的にゲームのプログラミングからグラフィックなどを基礎からしっかりと勉強できるところもあれば現役のゲーム会社が設立した学校もあります。いずれでもゲーム開発について学ぶことは出来ますが、遊ぶのではなく開発という勉強のために通うことを忘れてはなりません。卒業生がどこのゲーム会社に就職しているかや、ゲーム大会などで賞を多く獲得している学校など、情報をよく集めてから選ぶと間違えなずに済むはずです。

どんな人が講師にいるの?

いざ学ぼうと思った時に気になるのが、どんな先生から教わるのかという点だと思います。これからの人生を懸けて通うのですから気になるものですが、学校によっては現役で活躍しているプログラマーを講師に迎えており、業界とのパイプを持っている人も少なくないのです。業界では今どんな事が起きているのかや、第一線で活躍しているクリエイターを紹介してもらえる事もあるので、人脈を広げることもできます。しっかりと勉強して然るべき成績を収めましょう。

ゲームの専門学校では色々な技術をコース別に学べるので、自分が目指したいスキルを身につけることが出来ます。