家を守るために!火災保険について知ろう!

火災保険と保険の対象

火災保険の特徴として、保険の対象ごとに保険に加入する必要があるという点があります。住宅などの建物に対する保険と、その中にある家財に対する保険があるのです。なので、家に対して補償してくれる保険に入りたいのであれば、建物を保険の対象とする保険に加入しなければいけません。現在、保険に加入している場合は、その保険がどちらを対象にしているのか、確認するといいでしょう。そのとき家財のみの保険であった場合は、建物を対象とした保険を検討しましょう。

どんなときに補償してくれる?

では、実際にどのような被害を建物が受けたときに、火災保険では補償してくれるのでしょうか。火災保険という名前の通り、火災に対しての補償もしてくれます。しかし、それだけではなく、例えば落雷による損傷や、強風や雪による損傷も、火災保険による補償の対象です。洪水や飛来物、落下物による損害も、補償してくれます。また、盗難の被害にあった際、窓やドアを壊されたとしても、補償してくれます。このように、火災保険の対象となる損害は、火災のみではありません。

地震の時は補償してくれる?

補償対象の広い火災保険ですが、地震や噴火などの大規模災害による損害は補償対象ではありません。このような損害に対する補償が必要な場合は、火災保険に対してオプションである地震保険を追加する必要があります。火災保険に今から加入する場合は、自分にとって必要なものかどうかを確認し、必要であるならば、忘れずに追加しておきましょう。すでに加入している場合、地震保険を追加したかどうか不安な場合は確認しておきましょう。

火災保険は火災などの被害にあった時に保証してくれるもので部屋借りる際にも同時に保険に入る人は多いです。