独自の形となっている通信制大学のシステムについて

様々な年齢の人が学ぶ通信制大学

大学には通学制のものだけではなく、通信制の大学もあります。全国各地に住んでいる、様々な年齢や職業の人が同じ大学で勉強に励むのは、生涯学習のあるべき姿ですね。学びたいという気持ちを持っている人ならだれでも入ることが出来るのも通信制大学の最大の魅力です。必修科目や必要な単位をすべてクリアすることが出来れば卒業資格が与えられますが、社会人の生徒の割合が大きいので、四年以上かけて自分のペースで学ぶ人が中心です。

通信制大学の勉強法って?

通信制大学のシステムは大学ごとに多少の差はありますが、基本的には自宅学習とレポート中心なのは共通しています。普段学校側から配布されたテキストを使ってその科目の勉強をしていきますが、その進度に合わせてレポートや課題を提出します。このレポートの内容が一定の基準に達していると認めてもらえると単位認定の試験を受けられるようになります。レポートの提出は最初の難関ではありますが、普段の勉強を地道にやっていれば難しいものではありません。

通信制といえばスクーリング

通信制大学は自宅だけで完結しているものではありません。試験はその大学まで出向いていって参加しますし、単位の為にはスクーリングと言って、キャンパスに出向いて実際に講義を受けることになります。スクーリングで取らなくてはいけない単位の数値は決まっていますので少し大変ですが、遠方の生徒のために全国各地でスクーリングを受けられる拠点が設けられています。他にも、二日連続の講義と最後の簡単な試験を受けるだけで単位を取れる集中型のものもありますので、心配はいりません。

通信制大学は、様々な年代の学生を受け入れており、各自の興味に合わせて、専門的な分野を学ぶことができます。