為替変動により差益を得るための多彩な方法とは?

外国為替レートの変動の仕組みとは?

ある国の通貨と別の国の通貨があった時には、それを交換する必要があります。例えば、日本人が旅行でアメリカに行った時は、持参した日本円がいくらあってもアメリカでは受け取ってもらえないので、ドルに交換する必要があるでしょう。このように外貨同士で交換する場合の交換レートが為替レートです。交換レートはその時の需給等の要因で決まりますので、刻一刻と変動するでしょう。また、交換するタイミングによっては、持っている日本円が同じ金額でも、ドルをたくさん交換できる時とできない時があるのは想像できるはずです。

為替変動により利益を得る方法とは?

刻々と動く為替レートの変動を上手く活用すれば、持っている日本円の金額を増やすことができるはずです。まず、1ドル100円の時に100円出して1ドルを手に入れた後、為替レートが120円まで変化する場合を思い浮かべるといいでしょう。120円になった時に、1ドルを円に戻すことによって20円の利益が出ることになるはずです。これが為替差益と呼ばれるものです。1ドルの価格が100円で手に入るということは120円の時より円が強いことを意味しています。

為替差益を狙える金融商品とは?

円が強く高い時に外貨を手に入れて、円が弱く安くなった時に円に戻せれば為替差益が狙えますが、こういったことができる金融商品が何かを知っておくことが大切でしょう。代表的なものは預金である外貨預金、債券投資に当たる外国債券投資、外国株式投資、外国資産に投資する投資信託、さらにFXと呼ばれる外国為替証拠金取引等です。それぞれ多少の特徴の違いはありますが、共通している点は為替差益が狙える点です。まずは外貨預金等為替リスク以外のリスクが少ないものからトライするといいでしょう。

為替とは、2国間の間にある経済力の差で生じるお金の価値基準を釣り合わせる為に、金融市場で取引基準を日々やり取りして調整したお金の交換ルートを言います。